Welcome to Sakagami Lab at Kitasato University

阪上研アルバムIII

'阪上研アルバムIIIです。2015年以降を掲載します。''
2015-19阪上研写真集

45)修士学生の井渕君が解剖学会関東支部会で学会発表デビュー。
IMG_20191102.jpg
2019年11月2日に東京女子医大で開催された第107回解剖学会関東支部学術集会で「神経細胞におけるArf6活性化因子EFA6AとKalirin-7との新規相互作用の機能的役割」で口演発表しました。
45)医学部生の三枝君が解剖学会で優秀発表賞受賞。
DSCN0282三枝君賞.jpg
2019年3月27-29日に新潟で開催された第124回日本解剖学会の学生セッションで三枝君が優秀発表賞を受賞しました。
44)H31年3月15日(金)勝又さん退職記念パーティーより。
DSCN0272.jpg
集合写真です。
43)H30年12月21日(金)H30年度研究室忘年会より。
IMG_4613.jpg
ボウリング大会集合写真です。
IMG_4704.jpg
宴会最後の集合写真です。

忘年会アルバムはこちらです。
https://photos.app.goo.gl/PBXEdt3nnkcCfrbH8

42)H30年9月20日(木)田渕教授(信州大学医学部分子細胞生理学)北里医学会招待学術講演会より。
講演の様子です。
s-DSCN0042.jpg
s-DSCN0044.jpg
s-DSCN0046.jpg
s-DSCN0051.jpg
41)H30年7月4日(水)池森教授(聖マリアンナ医大解剖学)組織学特別講義より。
講義の様子です。
s-DSCN0021.jpg
s-DSCN0024.jpg
s-DSCN0027.jpg
40)H29年11月17日(金)Luton博士(Institut de Pharmacologie, Moleculaire et Cellulaire) 講演会より。
講演会の様子です。
171117Luton023.jpg
171117Luton017.jpg
171117Luton010.jpg
171117Luton003.jpg
171117Luton002.jpg
39)H29年4月19日(金)勝又技術係長の解剖学会功労賞受賞祝賀会より
前教授の山科先生もお見えになりました。
ss-P1010592.jpg
s_IMG_2557.jpg
39)H29年3月10日(金)アドバンスコース打上会より
学生と教職員で盛り上がりました!
s_IMG_2715.jpg
38)H28年12月22日(木)研究室忘年会より
2016年もお疲れ様でした!
s-s-2016-12-2202.jpg

H28年忘年会webアルバムへ

37)H28年12月22日(木)研究室ボウリング大会より
優勝は8月に小川研に移動した玉木先生でした!
s-s-2016-12-2201.jpg
36)H28年3月4日(金)アドバンスコース打上会より
2年生3年生と盛り上がりました!
10260304ALL.jpg
35)H27年12月11日(金)研究室忘年会旅行の写真集です。
恒例のボウリング大会の後に湯河原敷島館での宴会でした。
恒例のボウリング大会です。
151211LabBounen004.jpg
試合終了。2ゲームトータルの優勝はだれでしょう?
宴会の様子です。
151211LabBounen007.jpg
かんぱーーい!
151211LabBounen043.jpg
翌日は良い天気でした。集合写真を撮って湯河原温泉とお別れです。
来年もまた頑張りましょう!
34)H27年10月8日(金)H27年度研究室の阿部君、神田君、伊藤先生歓迎会の写真集です。
相模大野磯丸水産で宴会でした。
s-2015-10-08 21.17.14.jpg
魚を焼きながらの楽しい歓迎会でした!神田君は就活で欠席でした。
33)H27年10月5日(水)順天堂大学小池教授特別講義の様子です。
s-15100701.jpg
s-15100702.jpg
s-15100703.jpg
熱い講義に学生達は聴き入っていました。
32)H27年7月8日(水)今年の春のバーベキュー会は、解剖学小川研、病理学村雲研との3単位合同のBBQ会として開催しました。 special thanks to Ms Koganebuchi!
かんぱーい!
開始時はまだ曇りでした。
BABYも一緒に!
なぜか腰の角度が一緒!
みな集合!幹事はお疲れさん!
最後は雨でしたが楽しい一時でした!

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional