日本放射線腫瘍学会第27回学術大会 JAPANESE

臨床腫瘍学に基づく放射線療法の標準化から個別最適化へ
    2014年12月11日(木)-13日(土)パシィフィコ横浜会議センター・展示ホール 会長:早川和重

ペイシャント・アドボケイト・プログラム(PAP)

がん患者・支援者/がん患者団体・支援団体に対する

ペイシャント・アドボケイト・プログラム

このたび日本放射線腫瘍学会第27回学術大会では、がん医療環境の向上に資する重要なパートナーである患者・家族、国民に対し、より開かれた学会にするため、がん患者支援の一環として、がん患者・支援者に対する「学術大会参加優待プログラム」を実施いたします。

本プログラムの趣旨にご賛同頂ける患者団体・支援団体の多くの皆様のご応募をお待ちしております。

ペイシャント・アドボケイト・プログラムの内容

①がん患者・支援者に対する学術大会参加費優待プログラム

通常、学術大会参加費(非会員)\18,000のところ\2,000で参加頂けるプログラムです。
参加人数の制限はありません。

②軽食付きのがん治療専門医によるランチョンセミナーの提供プログラム

上記①のプログラムを利用し、学術大会に参加頂く方々は、会期中(12月12日と13日の2日間)の推奨プログラム、軽食付きがん治療専門医によるランチョンセミナーに参加頂きます。

③機器展示ブースでの最新機器展示ツアー

企業展示ブースに展示されている放射線治療の最新機器について、企業担当者による説明や実機デモンストレーションを見学できるガイドツアーです(12日、13日とも、10-11時に実施します)。

*参加者は12月12日と13日の2日間、ペイシャント・アドボケイト・ラウンジの利用が可能です。

*選考された個人(団体)の活動の紹介資材(会報やイベント案内等)を会議センター内に設置できる特設ブースをご提供します。

このプログラムの応募にあたっては、応募基準、注意事項があります。
下記の募集要項(ダウンロード可能)をよくお読み頂いた上で、応募用紙にてご応募頂きますようお願いいたします。

申込み期限を11月25日まで延長いたしました。

申込みを締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

募集要項 応募用紙

問い合わせ先

北里ライフサービス株式会社
〒252-0329 神奈川県相模原市南区北里1-15-1 担当:藤野政隆
E-mail: jastro27pap[あ]med[ど]kitasato-u[ど]ac[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
TEL: 042-778-8703(学会専用) FAX: 042-777-6380

このページのトップへ