Department of Immunology

News & Topics




2018.3.18
メンバー更新しました!
2017.8.1
相模原キャンパスも大雨です。
2017.7.29
岩渕 神奈川Frate会にて「生活習慣病と免疫の接点」というタイトルでお話しさせていただく。
2017.7.25
A-MED研究打ち合わせで北大から石森・斎藤・尾畑先生が来学。
2017.6.29-7.1
第28回日本生体防御学会学術総会 とうとう本番がやって参りました。当日朝からの設営・午後1時からの開場。終わってから書いておりますが、予想以上の盛況で終わりました。写真で雰囲気を感じて下さい。プログラムも御覧ください。理事長松崎吾朗琉球大学教授、Microbiology & Immunology誌編集長 吉開 九大教授が本総会でそれぞれの任期を満了されました。お疲れ様でした。

↑の画像をクリックするとプログラム内容が閲覧できます。(PDF)
2017.6.22, 23
Riken-IMSシンポジウム。岩渕以外参加し、最先端の免疫学研究の成果を吸収してきました。
2017.6.20
メンバー更新しました!new
2017.4.28
ハワイ大学外科町教授講演会をアレンジ。Hawaii Medical Education Programの紹介。
2017.4.27
学会の準備中ながら、第106回日本病理学会総会(新宿・京プラ)に発表に。ポスター貼る場所が廊下で凹む。
2017.4.22
石川博通先生・篠原信賢ご参加(篠原先生はご担当も)の貴重な友の会でありましたので、終了後に宴会@相模大野かつまさ。
2017.4.14
第28回日本生体防御学会学術総会一般演題締切ながら演題数の伸びが足りないので、締切を1週間延ばす。
2017.4.1
新メンバーとして、修士大橋千尋さん(卒研から)、加藤太喜君、卒研生(理学部生物科学科)今橋尚也君。今年は新カリキュラムが始まり、細胞生物学が前期で20コマ消化。さらに免疫学総論・実習が前期にあるので結構大変。プリントの準備と学会のいろいろな締切があり、訳が分からなくなりかける。
2017.3.21
大学院・学部の卒業式(東京フォーラム)・謝恩会(東京フォーラム・帝国ホテル)。今年も皆さん無事巣立って行きました。
2017.3.13-17
京都Tセルカンファレンス国際シンポジウムイヤー。岩渕発表。芝蘭会館に初めて宿泊。
2017.3.13
佐藤助教ハワイで挙式のため旅立つ!
2017.3.10
医学部・医療衛生学部退職教授記念講演会。いつもお世話になっておりました医療衛生学部小幡文弥教授もご定年をお迎えになられました。
2017.2.20
ちょっと早いですが、教室送別会。送られる人:藤田君、立山さん、三田君。新天地(化粧品・製薬メーカー)で元気に活躍して欲しいと思います。佐藤君の奥様も参加。院生全員から佐藤ご夫妻に新婚お祝い。三田君から台湾旅行土産の風水額(今、研究室の入り口に掛けてあります)。
2017.2.18
永く町田免疫友の会の会員として参加してくださっていた理化学研究所IMSの安田琢和先生が大阪の企業の研究所に着任されるとことなり、送別会を行いました@相模大野まんまみーあ。今後のご活躍をお祈り致します。
2017.2.6
東大免疫高場先生・アルジェリアからの留学生ベンラリビ先生がi.t.習得のため来学されました。岩渕も久しぶりにi.t.やthymectomyをしました。
2017.2.3-4
第36回日本胸腺研究会@京大芝蘭会館(会長 河本宏教授)39題の一般演題に河本会長らしい胸腺研究最前線のミニシンポ(大東・秋山・濱崎先生)で大盛況。次回は横井香平教授のもと名大で。
2017.1月吉日
佐藤先生入籍。引越し。
2017.1.16
北里テレビKTV北里大学平成28年度合同企業研究会に教室の三田君・立山さんが出演!(KTV archiveにあるのでご覧下さい)
2017.1.4
仕事始め。今年は6月末?7月1日に日本生体防御学会学術総会を主催なのでちょっと例年より忙しいかも。
2016.12.29-1.3
冬季休業。
2016.12.28
医学部納会。フリーザー故障は痛かったですが、他は無事で1年過ごせたと思います。感謝。
2016.12.22
教室忘年会@Try Bar(原町田)
2016.12.20
教室の大掃除。
2016.12.5-7
第45回日本免疫学会 教室員全員で沖縄に。教室から5題発表。しかし、初日朝電話あり、よりによってそんな時に!フリーザー壊れる(泣)!!緊急電話して下さった竹内康夫教授、内容物を移して下さった松本俊英講師、冷凍試料の収納を引き受けて下さった培養センター(中川さん)・DNAセンター(藤谷さん)他、関係者のみなさんのおかげで被害は最小に抑えられました。ありがとうございました!!でも、学会直前に作って冷凍したNKTハイブリドーマに被害が。。。
2016.10.24-25
渡会先生の教室から任先生・柴田さん来訪。佐藤先生実験指導。
2016.10.18
東大医科研渡会先生(院生の立山さんがお世話になったところ)実験試料とともに来訪される。 同日成育医療センター研究所再生医療研究センター長梅澤明弘先生,細胞生物学講義にお出まし頂く また、同日イタリアの協定校ダヌンツィオ大学医学部よりMario Di Gioacchino教授が来訪される。アレルギー学がご専門で金属アレルギー・ナノマテリアルの生体への影響を研究される他診療もされている。現在来ている同校のクラークシップ実習生の3人に訊くとすごく忙しくて本国ではなかなか会えないらしいのと、試験が大変厳しいとか。。。 。
2016.10.14
教室宴会。科研の申請も終わってホッとしたところ(当たるとは限らない!)で、観楓会的な良いタイミングと思っていたら、何と私(岩渕)の還暦のサプライズパーティーでした。みなさんありがとう!素敵な色紙を頂き、感激しました。心折れそうな時、取り出して読み耽ります!。
2016.10.7
卒研生の大橋さん院試に合格。おめでとうございます!ケーキでお祝い。
2016.10.4
私(岩渕)とうとう還暦。ろうそくではなくて花火を立てたケーキを作って頂く。ありがとうございます!この日永らく懸案となっていた、ぶどう膜炎の実験治療の論文がExp Eye Res(Satoh M et al)に受理される。誕生祝いかなと思って(関係ないけど)おりましたが、オリジナルのケーキを作ってもらうという別の幸せがありました。
2016.10.1
大学院入試。夕方にイタリアから留学生3名(Sg. Anastasio Decorato, Federico Russo, Paolo Pietrantonio)到着。
2016.9.26
来年お世話させていただく第28回日本生体防御学会学術総会の会場となるグリーンホールの見学にスタッフ全員で行く。多目的ホールなかなか立派でした。周辺の食事の場所や空港バス停や駅へのアクセスが大変良い。
2016.9.23
Adipocyteに送っていたCommentary(Satoh, Iwabuchi)受理される。
2016.9.17
分野別認証に向けてFD研修。北里における医学教育のコンピテンス・コンピテンシーのたたき台を作る。難しい。。。
2016.8.30
Eviさん実験室での最終日。最後まで真面目に実験のまとめしてくれました。明日アテネへ向けて出発。お疲れさまでした!また機会があったら是非日本に来て下さい。
2016.8.4-5
北里バイオサイエンスフォーラムが白金キャンパスで開催。藤田君・岩山君・三澤さんの3人の院生が発表。
2016.8.1
今日からIFMSA留学生Paraskevi Triantafylla(Evi)さんが研究室で実験します。クレタ大学医学部(ギリシャ)の学生さんです。ロードス島の出身とのことです。佐藤先生の指導でNKT細胞ハイブリドーマやソートしたNKT細胞を使ってレプチンの作用とNKT細胞機能の修飾について1ヶ月研究します。
2016.7.28
石森先生(北大)来訪。AMEDの課題について話し合いました。
2016.7.21
教室BBQ。院生の吉野先生の息子さんも参加し、皆で盛り上がりました。三田君はこの時にどうもアブに刺されたらしく、後日刺されたところからの感染で足が大変なことになり心配しました。。
2016.7.7-9
第27回日本生体防御学会学術総会(福岡)に佐藤・岩渕参加。九大馬出の医学部・病院キャンパス内のコラボステーションという施設の講堂で行われる。九大病院が新しく、また病院の敷地に地下鉄の駅があるという感じで、大変便利。医学部も新しいものも重厚な造りになっていて素晴らしいです。学会は住本英樹会長(医学部生化学・医学部長)のもと教室の方々の心がこもった運営とよく練られたプログラムで大変勉強になりました。
2016.6.30
佐伯さんの学生論文が北里医学に掲載されました!

2016.6.23
Sci Rep (6: 28473 doi: 10.1038/srep38473として)に正式にpublishされました。佐藤先生おめでとう! 脂肪細胞上のCD1dを欠損させるとNKT細胞と の相互作用が起きなくなり→脂肪織炎症軽減→体重増加の抑制が生じる=肥満の進展が抑制、という話です。
2016.6.22
Riken-IMS-JSI International Symposiumにみんなで参加@パシフィコヨコハマアネックスホール。
2016.6.3
今年の3月9日に投稿し,5.18に再投稿していた佐藤先生の論文が受理されました!
2016.6.1
遅れ馳せながら新人歓迎会(プラス実習終了打上げ)。
2016.5.24
本年度の免疫学授業の実習最終回が無事終了。
2016.5.23
相模原キャンパス総合防災訓練行われる。
2016.5.13
免疫学総論・実習の実習第1回目が始まる。
2016.5.7
医学のあゆみ第1土曜特集『代謝調節における免疫細胞の役割』に佐藤・岩渕の総説が載る(NKT細胞・NK細胞の脂肪組織での役割)出版.
2016.4.7
免疫学総論・実習の第1回目の講義が始まる。
2016.4.1
新年度が始まりました。新しく入ったのは
吉野和久先生(本学期生:麻酔科学)医療系研究科博士課程1年.剣道4段!みんなのアニキ。
岩山俊嗣君(理学部生物科学科出身)医療系研究科修士課程1年
小林秀策君(同)医療系研究科修士課程1年
三澤佳奈さん(同)医療系研究科修士課程1年
森澤慎君(薬学部生命創薬科学科)医療系研究科修士課程1年
大橋千尋(理学部生物科学科)理学部卒研のための特別研修生
 以上が新しく参加してくれました(中には卒研から居る人も)。

2016.3.31
平成27年度最終日です。明日からまた心機一転頑張ろう!
2016.3.24
教室送別会。送られる人:遠藤さん、野間さん、星野さん。新天地(治験・製薬メーカー)で元気にそれぞれの能力を開花させ、活躍して欲しいと希う。
2016.3.23
大学院・学部の卒業式(東京フォーラム)・謝恩会(東京フォーラム・帝国ホテル)。皆さん無事巣立って行きました。
 
Sophia kai ergon(野間さん、藤田くん)とお世話になりましたクッキー
2016.3.10
大村先生ノーベル賞受賞祝賀会@帝国ホテル。盛大な会でした。ゲストの豪華さと出席人数に驚く。
 
2016.3.1
箱根に日帰り教室旅行。温泉と仮装!?
2016.2.25
研究入門発表会。よくできました!
2016.2.9
生体機能医科学群学位発表会。遠藤さん、野間さん発表。夕方から学群懇話会@4階談話室。野間さん論文賞に。
2016.2.6
第回日本胸腺研究会@徳島大学(会長 近藤和也教授)。翌日は入試なので途中で帰京する。
2016.2.1
今日から医学研究入門3始まる。浅香・加藤・三橋・桃原君の4名。
2016.1.26
奥野君のNiアレルギーにおけるNKT細胞の機能に関する研究(指導:玉内先生)がImmunobiologyに受理されました。
2016.1.23
第9回日本免疫不全研究会学術集会@東京日本橋ベルサール。2014年改訂で新しい疾患の登録や分類の別項目への移動が目についた。
2016.1.18
免疫学補講の日にまさかの大雪。2講目なのに遅れるかと焦る。
2015.12.28
納会。1年が早い。。
2015.12.22
教室忘年会
2015.12.11
5日の院試(Ⅱ期)で岩山君が合格。おめでとう。
2015.11.28
第165回体力医学会関東地方会(会長:杏林大学医学部木崎節子教授)で岩渕お話させて頂く。
2015.11.27
タイ国マヒドン大学より医学部長来訪。白金キャンパスの大村 智特別栄誉教授への表敬訪問に岩渕同行。ストックホルムにもうすぐ行かれる大村先生に拝謁する!
2015.11.18~20
第44回日本免疫学会学術集会(札幌)に江島・野間・遠藤組が参加。
2015.11.14~20
Lorne(オーストラリア)で開催されるCD1-MR1 2015(第8回NKT/CD1国際シンポジウムにあたる)に岩渕・佐藤・藤田が参加。岩渕Main Sessionで話すチャンスを得るも最終日の後ろから2つ目!
2015.11.9~10
協定校のHasanuddin大学より訪問団来訪。北里大学病院・医学部を見学して行かれる。
2015.10.13
協定校G. d’Anunnzio大学(イタリア)からProf. Mario Di Gioacchino来訪される。
2015.10.9
3日の大学院入試で来年から修士となる小林君、三澤さん、森澤君、博士の吉野先生(麻酔科)合格。おめでとう。
2015.10.6
大村 智特別栄誉教授ノーベル医学・生理学賞に決まる!!!
2015.9.26
千葉大本橋新一郎教授編集の医学のあゆみ『NKT細胞標的療法の新展開』が出版される。佐藤・岩渕「代謝性疾患とNKT細胞」という総説を書かせて頂く。
2015.9.3
第7回免疫学セミナーとして国立病院機構相模原病院臨床研究センターの鈴木隆二先生に「次世代T細胞受容体/B細胞受容体レパトア解析と新しい診断・治療法の開拓?特にがん治療の有効性評価を中心にー」と題してご講演を頂く。非常にパワフルな研究手法と感じました。
2015.11.15-19
CD1/MR12015 in Australia(Lorn)に参加する(岩渕、佐藤、藤田)
2015.8.25
「炎症と免疫」(先端医学社)9月号の表紙に総説の図(岩渕)を使って頂く
2015.8.6-7
バイオサイエンスフォーラム藤田君・野間さん発表 

2015.7.10-12
第26回日本生体防御学会が台東区生涯教育センターで大野尚仁会長(東京薬科大学)のもと開催される。岩渕2017年の学会長に選出される。 第27回会長は九大生医研住本英樹教授。公開講座では北里大学名誉教授の山田陽城(現東京薬科大学教授・DNDi Japan代表)先生がご講演。

2015.7.9
第655回北里医学会招待学術講演会ハワイ大学外科 町淳二先生「日本開国?医学教育改革とグローバリゼーション」開催。国際交流委員長としての招聘です。FDもやっているわけですが、医学部の最重要案件です。
2015.6.30
田村昌也君の学生論文(指導 竹内恵美子先生)が掲載された北里医学第45巻1号が発行されました。

2015.6.18-19
RIKEN IMS-JSIジョイントシンポジウム(横浜)
2015.6.13
医学教育分野別認証特別FD開催
2015.6.12
北大先端生命研究科の落合滋子先生にご講演頂きました(第6回免疫学セミナーとして)。
2015.6.10
NCNP神経免疫国際シンポジウム(小平)
2015.5.29
相模原キャンパス総合防災訓練の日。医学部防災委員長も昨年度より拝命しているので雨天にならないように祈っておりましたが、終了ギリギリから雨で、訓練は無事実施。その後の実習打ち上げBBQは完全雨の中(屋根つきで良かった!)
2015.5.14
Universitat RegensburgよりJohannes Weiglさんが長期クリクラで来訪(外科→整形外科→呼吸器外科→心臓血管外科と外科学各科を3ヶ月かけて廻ります)。
2015.5.12
江島・野間チームのNKT細胞の胸腺内分化に関する論文がImmunology (野間春香さん)に受理されました。
2015.5.8
免疫学実習スタート。クリクラで英国エジンバラ大よりKenji Bullivantさんが来訪(整形外科)。
2015.4.9
昨日の今日で心配でしたが、今年第1日目の免疫学講義が無事始まりました。
2015.4.8
北海道ではまぁまれにありますが、なんと相模大野で4月に雪が!もちろんバスは大遅れ。
2015.4.1
新年度スタートです。遠藤さん・野間さんは修士2年に、立山 緑さん、藤田光紀君、三田一帆君が医療系研究科修士医科学専攻1年生として細胞免疫学に、また新たに理学部生物科学科から星野美幸さん、三澤佳奈さん、岩山俊嗣くんが卒業研究生として配属されました。
新年度ということで実験動物学佐藤俊哉先生に遺伝子高次機能解析センター長をバトンタッチしました。2013年に入学した1年生が2年生から3年生に進学 するところで学年主任の任期を満了致しました。無事進学を果たした3年生も、留年してしまった学生さんもみんな頑張って医師となり初期研修後に希望科へ進 まれますように。今日からは技術担当部長として教育系技術職員の入職者の方に辞令を交付。
2015.3.30
協定校のHawaii大学から初めてクリクラ学生を受入れる。Ashutosh Shelat君です。シカゴ大経済を出て、ハワイ大医に進学したと聞きました。
この日、UliとJessicaの送別会(若竹:by 医学英語の会/IFMSA at 北里)。
2015.3.23
着任後初めて免疫学講義・実習を受け持った学生さんの卒業式・謝恩会。そうかあの時の3年生がもう卒業して、春から研修医かと感慨に耽る。
2015.3.12
院生プロジェクト受賞者遠藤賀子さん報告発表。
2015.3.10
Yale大学より飯島則文先生来室、ご講演(第5回免疫学セミナー)。飯島先生は岩渕が北大に在籍していた頃に薬学部博士課程から研究で教室 に。卒後、Yale Dept ImmunobiologyのIwasaki Labで研究員を務め、これまでPNASやJEMなどに次々と論文を発表されて来ましたが、昨年はついにScienceに論文を載せました。その話をセミ ナーで熱く語ってくれました。
2015.3.1-
IFMSAの交換研修医学生Jessica Pauz (ドイツ:RWTH Aachen)が来訪しました。
2015.2.27
協定校Universitat MarburgよりUlrich H. Orlowskiさん(Uli)来日。
2015.2.25
国立精神神経医療研究センターで厚労省班会議(代表者山村 隆部長)に岩渕出席。
2015.2.23
お世話になりました生化学高橋正身教授送別会(基礎医学部会)於センチュリー相模大野。
2015.2.12
整形外科学内田健太郎先生の論文がClin Exp Immunol に受理されました。
2015.2.10
早々と就職を決めて来ていた大石祐太君(理)の送別会。
2015.2.7
第34回日本胸腺研究会開催する。来年は徳島(近藤和也先生)、再来年は京都(河本 宏先生)です。相模原での開催はどうだろうと心配もありまし たが、会員の皆様の参加と熱心な討論で盛会でした。研究会に当たっては本学呼吸器外科(佐藤之俊教授)、本会事務局(阪大呼吸器外科)や医学部同窓会にご 支援賜り、詳細は同窓会会報にご報告させて頂きました。抄録集印刷には製薬各社のご協賛も賜りました。完全ボランティアでお手伝い頂いた教室員にも感謝で す。
     
2015.2.6
第34回日本胸腺研究会を総出で準備(ユニコムさがみはら)と理事会。
2015.2.2-
4週間の予定で研究入門3の実習が始まりました(金子 汀・田中 都・田辺優理子さん)。
2015.1.25
第8回日本免疫不全症研究会(東京ステーションコンファレンス)
2014.12.26
仕事納め。研究室忘年会+Emanuelaさん送別会。
2014.12.10-12
第43回日本免疫学会(京都)に教員・院生・Emanuelaさん参加。エマさん学会では母国イタリア出身の免疫学者Dr. Lanzavecchiaらとお話して有意義な時間を過ごす。また学会終了後は初めて着た着物で写真撮影も。
2014.12.8
NIH より寺部正記先生来訪、ご講演下さる(第4回免疫学セミナー)。Jay Berzofsky’s Labを経て独立され、永らく米国にいらっしゃるので英語が堪能です。高身長と相俟って日系三世と噂されますが日本ご出身です。これまでの最先端の基礎的 腫瘍免疫研究を如何にtranslationして行かれるかご自身の経験をもとに詳しくお話しして下さいました。
2014.12.5
2014年第2回厚労省ベーチェット病班会議出席(岩渕・佐藤・遠藤)
2014.11.26
第34回日本胸腺研究会抄録締め切りを12月1日まで延長しました。
2014.11.13-15
KAIST-KUGSMS Biomedical Joint Symposium at Daejon
北里大学大学院医療系研究科からは馬嶋正隆団長のもと七里眞義・岡田大助・加藤弘先生と岩渕参加。研究所長(大学院院長)のGou Young Koh教授にご案内頂いたKAISTの施設と若手研究者の素晴らしい研究と厚い歓待に感動した。

2014.11.8
Robert Koch Institute-Kitasato Institute Joint Symposiumに全員参加
2014.10.30
Boguszさんの送別会
2014.10.22
Boguszさん渋谷明隆教授に新病院を見学させて頂く
2014.10.10
大学院医療系研究科第Ⅰ期入試で立山 緑さん・藤田光紀君合格
2014.10.6と10.9
IFMSAの交換研修医学生A.M.Bogusz  (ポーランド)と
博士研究員Emanuela Clemente (イタリア)が来訪しました。
2014.9.24
第34回日本胸腺研究会抄録の受付を始めました。
2014.7.18
2014年第1回厚労省ベーチェット病班会議出席(岩渕・佐藤・遠藤)
2014.7.11
大学院医療系研究科推薦入試で三田一帆君合格
第19回横浜小児免疫病・リウマチ性疾患研究会
2014.6.26-27
RIKEN IMS-JSIジョイントシンポジウムに参加
2014.6.10
共同研究していた実験的ぶどう膜炎の論文がJ Leukoc Biol に受理されました(遠藤・佐藤・岩渕)。
2014.6.4
免疫学実習打ち上げBBQ
2014.6.1
第2学年主任としてPPA総会 於 ロイヤルパークホテル(岩渕)
2014.5.13
第1学年細胞生物学第1回目に川上正也名誉教授にご出講頂く
2014.5.9
平成26年度の免疫学実習スタート
2014.5.5
久保田孝一先生の論文がFrontiers Immunol に受理されました。
2014.4.22-26
広島の第103回日本病理学会総会に(岩渕)
2014.4.7
恒例教室写真を撮る
2014.4.1
新年度スタート。サクラがきれいに咲いています
        遠藤さん・野間さん医療系研究科修士1年生に
        理学部生物学科4年 大石祐太君・藤田光紀君 卒研生に
2014.3.26
北里大学卒業式・学位授与式 奥野君・嶌野君修士号を取得。4月からは社会人として活躍が期待されます。奥野君は研究科謝恩会実行委員長として取り仕切る
2014.2.20
神奈川小児免疫研究会(横浜)九大生医研福井宣規先生講演
2014.2.15
先週に続いて今週も大雪!しかもこれまでで関東では1番の大雪。このため町田免疫友の会は延期に。
2014.2.14
理学部卒業研究発表会 野間・遠藤さん無事発表
2014.2.10
生体機能医科学群修士課程発表会 奥野・嶌野君無事発表!
 発表会後 学群懇話会を医療系研究科ラウンジで行う
2014.2.9
東京大学高瀬敦先生(チーフ)・ニューヨーク州立大学Quigg
教授とゲストエディターをしたJ Immunol Res特集号『慢性
腎臓病における炎症の免疫制御』が出版される。

2014.2.8
第33回日本胸腺研究会(東京大学伊藤国際学術研究センター
        会長:中島淳東大呼吸器外科学教授)岩渕・江島・野間出席
20年ぶりの大雪に見舞われる! 会場の外は真っ白に。
2014.2.1
来年の第34回日本胸腺研究会の会場予約をする
2014.1.6
仕事始め
2014.1.1
謹賀新年 2014年となりました。午年ですね。
江島耕二先生 准教授に昇任
2013.12.27
納会
2013.12.20
ベーチェット病班会議 岩渕・佐藤・遠藤出席
2013.12.15
共同研究者である名古屋市大伊藤史織さん(博士課程学生)・藤井 聡教授の論文がCoron Artery Disに受理されました
2013.12.11
第41回日本免疫学会(幕張)岩渕・竹内・佐藤参加
        嶌野君(M2)初ポスター発表
        奥野君(M2)初ワークショップ発表←今年から英語での発表となり大いに焦るも(教員も)無事終了する
2013.12.7
大学院医療系研究科第Ⅱ期試験
2013.12.1
竹内恵美子先生 講師に昇任
2013.11.5
北里研究所創立100周年・北里大学創立50周年記念式典・記念講演会・記念祝賀会(白金)
2013.10.11
第Ⅰ期にて野間春香さん前期課程試験に合格
2013.10.7
江島先生の論文がImmunologyに受理されました
2013.10.5
大学院医療系研究科第Ⅰ期試験
2013.9.13
岩渕・佐藤コンビ 第7回国際CD1/NKT細胞シンポジウム
 フランス トゥール(ロワール河流域)に参加・発表。
2013.8.25
岩渕 第1学年主任として八雲牧場へ
2013.8.9
農医連繋教育 佐藤助教担当
2013.8.8~9
第26回バイオサイエンスフォーラム
2013.8.5~9
免疫サマーインターンシップの学生2名来訪                     東京医科歯科大学博士課程1年 外山扇雅さん                    慶応義塾大学薬学部4年 川口真依さん  
2013.7.30~
日本免疫学会サマースクール(九州)に遠藤・野間さん参加
2013.7.20
医学のあゆみ『生活習慣病とNKT細胞病態モジュレーター
の面から』(岩渕が企画)が出版された(246巻第3号)
お手に取ってみて下さい!(宣伝)佐藤助教の総説があります。あと同時期に血液フロンティア7月号にも「NKT細胞による動脈硬化症と肥満の進展機序」(岩渕)が掲載
2013.7.19
厚労省難治疾患等克服研究事業「ベーチェット病に関する調
査・研究」石ヶ坪班 第1回会議(横浜市大) 岩渕・佐藤・遠藤出席
2013.7.6
大学院医療系研究科入試(推薦)
2013.6.26
以前研究していたAIF-1に関する共同研究でイタリアのDr. Gian P FadiniのラボからBasic Res Cardiolに論文が載る
2013.6.7
第102回日本病理学会総会 岩渕出席
2013.6.3~7
KTCC2013国際シンポジウム 岩渕・佐藤出席
2013.6.2
H25年度けやき会PPA総会
2013.5.14
H25年度1学年 細胞生物学の講義スタート
2013.5.3~6
佐藤助教AAI in Hawaii参加
2013.4.29
教室OBの伊藤巧一先生講義で来学される
 弘前大学医学部保健学科教授就任のお祝い会
2013.4.5
パシフィコ横浜で入学式
2013.4.4
免疫学総論・実習H25年度の講義スタート
2013.4.3
岩渕・江島コンビ医学部の宿泊ガイダンスで河口湖へ
2013.4.2
岩渕医学部1年生の学年主任初仕事
2013.4.1
理学部生物学科から卒研生 遠藤賀子さん・野間春香さんがラボで研究開始です。
玉内准教授が愛媛県立医療技術大学臨床検査学科免疫学担当教授
に就任。
2013.2.9
岩渕第32回日本胸腺研究会(札幌)へ。総会で第34回の集会長に決まる。
2013.2.6
生体機能医科学群の学位論文審査会。終了後、懇話会開催。
2013.1.19
今年初の町田免疫友の会。終了後、相模大野駅近くで新年会。
2013.1.15
この日を皮切りに学位審査(博士・修士)がスタート。
2013.1.4
仕事始め
2012.12.28
納会
2012.12.25
大掃除
2012.12.14
岩渕・佐藤厚労省ベーチェット病班会議(横浜市大)参加。
2012.12.5~7
第42回日本免疫学会学術集会(江島・竹内・佐藤発表)参加。
2012.12.4
佐藤助教AAIハワイ行きのチケットゲット。
2012.11.29
岩渕・佐藤Clin Lipidolに論文アクセプトされました。
2012.11.16
玉内講師が「愛媛県立医療技術大学臨床検査学科免疫学担当教授として選考されました」との書状を頂きました。おめでとうございます!
2012.11.4
協定校G. d’Annunzio大学よりMario Gioacchino教授来訪。
2012.10.1
玉内助教が講師に昇任。
2012.9.28
岩渕第40回日本臨床免疫学会総会(東京)ワークショップでEAUの演題発表。
2012.8.30
IFMSA・インターンシップ合同Farewell Party at FORESTA
2012. 8. 21
免疫学会インターンシップ学生として名古屋市立大学薬学部大学院生(病体解析学)伊藤史織さんが研究室来訪。
2012. 8. 13
教室のオリジナルホームページの公開が始まりました。
2012. 7. 24
IFMSAの交換研修医学生2名の来訪が決まりました。
Miss Anna Morozova (ロシア:カザン医科大学6年)
Mr. George Baxevanis (ギリシャ:デモクリトス大学2年)
2012. 7. 23
学生医学論文の実験のため田村昌也君(医学科3年)が来てくれました(指導者は竹内助教です)。
2012. 7. 13?
岩渕・佐藤チームは第15回国際ベーチェット病会議参加のため横浜へ
2012. 7. 6?
岩渕・江島・竹内チームはKTCC参加のため京都へ
2012. 4. 19
佐藤助教が2011/2012年度前期BioLegend/Tomy Digital Biology Research Grant Programを受賞しました。
2012. 4. 1
新しいメンバーが増えました!
助教 玉内 秀一先生(微生物学より)
助教 竹内 恵美子先生(臨床検査診断学より)
修士1年 奥野 広教さん(医療衛生学部より)
修士1年 嶌野 建太郎さん(理学部より)
2012.3.31
講師の大谷文雄先生が定年退職されました。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
2012. 2. 23
江島講師の論文Immunol Lettにアクセプトされました。
2011. 12. 20
佐藤助教の論文PLoS ONEにアクセプトされました。
2011. 9 23?28
岩渕・佐藤 6th Int Workshop on CD1 and NKT (Chicago)に出席し,研究成果を発表して来ました。
2011. 9. 3
佐藤君けやき会研究助成を頂き,受賞式に出席しました。
2011. 4. 1
助教 佐藤 雅が着任しました。
2010. 11. 1
教授 岩渕 和也が着任しました。